登録・申請

JFAへの登録

各種申請書(サッカー)

選手登録区分申請書 [書式第1号]

説明 選手をプロで登録する際、またはプロで登録していた選手がアマチュアへ区分変更する際に使用
・プロ⇒アマチュアへの変更は、申請料(5,000円)
・プロ選手登録する場合は、年度ごとに申請が必要(契約書写しと申請料10,000円)
チームの手続・注意 先にWeb申請をした場合は、付与された受付整理番号を記入すること
⇒本申請書に、振込明細書(所定の様式あり)を添えて、JFAへ提出、写しを京都府サッカー協会へ提出。
申請料の納付は銀行振込にて行い、振込明細(写)を添付すること
PDF 選手登録区分申請書 [書式第1号]

ユニフォーム広告掲示申請書 [書式第3-1号]

説明 ユニフォームに広告掲示する際に使用
チームの手続・注意 ユニフォーム規程」を確認し、必要事項を記入
掲示する広告の内容を詳細に記入するか、資料を添付すること
※広告サイズの面積は、たて×よこ(長方形)で計算すること
⇒本申請書に申請料(掲示箇所1ヶ所につき、10,000円+消費税)を添えて、京都府サッカー協会へ提出
PDF ユニフォーム広告掲示申請書 [書式第3-1号]

ユニフォーム広告掲示申請書(クラブ用) [書式第3-2号]

説明 クラブ申請しているクラブに所属の複数チームがユニフォームに同じ広告を掲示する際に使用
チームの手続・注意 書式第3-1号と同じ
PDF ユニフォーム広告掲示申請書(クラブ用) [書式第3-2号]

国際移籍選手登録申請書 [書式第6号]

説明 海外から日本へ移籍する選手(日本国籍の場合も含む)を登録する際に使用
添付書類 以下の書類(3点)を添付し提出すること
(1) 国際移籍証明書の写し(前所属サッカー協会発行のもの)
(2) パスポートの顔写真のページの写し(外国籍の場合は、在留資格が記載されている部分「上陸許可証印」も要添付)
(3) 外国籍の場合は、外国人登録証明書(両面)、在留カード(両面)、住民票、上陸許可証+査証のうちいずれかの写し 日本国籍の場合は、住民票の写し
(※アマチュア選手で、在留資格が「短期滞在」の場合は、パスポートの「上陸許可証印」の写しにて代用可能)
チームの手続・注意 先にWeb申請をした場合は、付与された受付整理番号を記入すること
⇒本申請書を京都府サッカー協会へ提出
※外国協会から国際移籍証明書を取り寄せる場合は、「国際移籍証明書発行申請書」(書式第9号)を使用すること
PDF 国際移籍選手登録申請書 [書式第6号]

外国籍選手登録申請書(外国で登録していなかった選手) [書式第7号]

説明 (1) 外国協会でサッカー選手として登録したことがない外国籍選手を登録する際に使用
(2)(3) 国籍区分を変更する際に使用
添付書類 上記(1)(2)の場合⇒在留カード(両面)写し、特別永住者証明書(両面)写し、住民票写し、外国人登録証明書(両面)写し のいずれか
上記(3)の場合⇒住民票の写しまたはパスポートの写し
チームの手続・注意 (1)の場合、選手本人の署名が必要
先にWeb申請をした場合は、付与された受付整理番号を記入すること
⇒本申請書を京都府サッカー協会へ提出
PDF 外国籍選手登録申請書(外国で登録していなかった選手) [書式第7号]

外国籍選手登録申請書(外国籍扱いしない選手) [書式第8号]

説明 外国籍扱いしない選手(JFA基本規程第76条に該当する選手)として登録する際に使用
正加盟チームで外国籍選手がすでに5名登録されている場合、以下の条件に該当する1名のみ外国籍扱いしない選手として登録可能
条件:日本で生まれていて、日本の学校で義務教育中または終了しているか、日本の高校または大学を卒業していること
添付書類 (1)在留カード(両面)写し(または住民票写し)、特別永住者証明書(両面)写し、外国人登録証明書(両面)写し のいずれか
(2)在学/卒業証明書
(3)自己出生地宣誓書
チームの手続・注意 先にWeb申請をした場合は、付与された受付整理番号を記入すること
⇒本申請書と添付書類を京都府サッカー協会へ提出
PDF 外国籍選手登録申請書(外国籍扱いしない選手) [書式第8号]

国際移籍証明書発行申請書(出国用) [書式第9-1号]

説明 選手が、日本から海外に移籍する場合に国際移籍証明書の発行をJFAに依頼する際に使用
(ただし、外国協会から国際移籍証明書発行依頼が届いてからの手続きとなる)
チームの手続・注意 ・登録抹消申請をすること
・日本から海外への移籍 申請料:不要
⇒本申請書等をJFAへ提出、写しを京都府サッカー協会へ提出
PDF 国際移籍証明書発行申請書(出国用) [書式第9-1号]

国際移籍証明書発行申請書(入国用) [書式第9-2号]

説明 選手が、海外から日本に移籍する場合に外国協会から国際移籍証明書を取り寄せる際に使用
チームの手続・注意 ・書式第9号附属書、選手経歴書・契約書(プロの場合)を添付
・海外から日本への移籍 申請料:10,800円
⇒本申請書等をJFAへ提出、写しを京都府サッカー協会へ提出
請料の納付は銀行振込にて行い、振込明細(写)を添付すること
PDF 国際移籍証明書発行申請書(入国用) [書式第9-2号]

クラブ申請書 [書式第12-1号]

説明 クラブとして認可を受ける際に使用 クラブ申請制度とは?
【認可条件】
・同一都道府県協会所属の登録チームで構成されていること
・同一競技のチームで構成されていること(サッカーとフットサルの混合は不可)
・異なる年代の複数のチームで構成されていること
・統一的な運営組織を持っていること
クラブの手続・注意 本申請書を京都府サッカー協会へ提出。
PDF クラブ申請書 [書式第12-1号]

各種申請書(フットサル)

選手登録区分申請書 [書式第1号]

説明 選手をプロで登録する際、またはプロで登録していた選手がアマチュアへ区分変更する際に使用
・プロ選手からアマチュア選手へ登録区分を変更する場合は、申請料5,000円(非課税)
・プロ選手として登録する場合は、年度ごとに申請が必要、申請料10,000円(非課税)と契約書の写し
チームの手続・注意 先にWeb申請をした場合は、付与された受付整理番号を記入すること
⇒本申請書に書式第1号附属書を添えて、JFAへ提出、写しを京都府サッカー協会へ提出。
契約書(写し): Fリーグ所属クラブはFリーグへ提出、その他はJFAへ提出
PDF 選手登録区分申請書 [書式第1号]

ユニフォーム広告掲示申請書 [書式第3-1号]

説明 ユニフォームに広告掲示する際に使用
フットサル、ビーチサッカー共通
チームの手続・注意 ユニフォーム規程」を確認し、必要事項を記入
掲示する広告の内容を詳細に記入するか、資料を添付すること
※広告サイズの面積は、たて×よこ(長方形)で計算すること
⇒本申請書に申請料(掲示箇所1ヶ所につき、10,000円+消費税)を添えて、京都府サッカー協会へ提出
PDF ユニフォーム広告掲示申請書 [書式第3-1号]

ユニフォーム広告掲示申請書(クラブ用) [書式第3-2号]

説明 クラブ申請しているクラブに所属の複数チームがユニフォームに同じ広告を掲示する際に使用
チームの手続・注意 書式第3-1号と同じ
PDF ユニフォーム広告掲示申請書(クラブ用) [書式第3-2号]

国際移籍選手登録申請書 [書式第6号]

説明 海外から日本へ移籍する選手(日本国籍の場合も含む)を登録する際に使用
※Fリーグ所属クラブの場合、外国籍選手が国内移籍する際も同様に提出のこと
添付書類 以下の書類(3点)を添付し提出すること
(1) 国際移籍証明書の写し(前所属サッカー協会発行のもの)
(2) パスポートの顔写真のページの写し(外国籍の場合は、在留資格が記載されている部分「上陸許可証印」も要添付)
(3) 外国籍の場合は、外国人登録証明書(両面)、在留カード(両面)、住民票、上陸許可証+査証のうちいずれかの写し 日本国籍の場合は、住民票の写し
(※アマチュア選手で、在留資格が「短期滞在」の場合は、パスポートの「上陸許可証印」の写しにて代用可能)
チームの手続・注意 先にWeb申請をした場合は、付与された受付整理番号を記入すること
⇒本申請書を京都府サッカー協会へ提出
※外国協会から国際移籍証明書を取り寄せる場合は、「国際移籍証明書発行申請書」(書式第9号)を使用すること
PDF 国際移籍選手登録申請書 [書式第6号]

外国籍選手登録申請書(外国で登録していなかった選手) [書式第7号]

説明 (1) 外国協会でフットサル選手として登録したことがない外国籍選手を登録する場合
(2)(3) 国籍区分を変更する場合
※第4種チームは、当該書式の提出不要
添付書類 上記(1)(2)の場合
⇒在留カード(両面)写し、特別永住者証明書(両面)写し、住民票写し、外国人登録証明書(両面)写し のいずれか
上記(3)の場合
⇒住民票の写しまたはパスポートの写し
チームの手続・注意 (1)の場合、選手本人の署名が必要
先にWeb申請をした場合は、付与された受付整理番号を記入すること
⇒本申請書と添付書類を京都府サッカー協会へ提出
PDF 外国籍選手登録申請書(外国で登録していなかった選手) [書式第7号]

外国籍選手登録申請書(外国籍扱いしない選手) [書式第8号]

説明 外国籍扱いしない選手(JFA基本規程第76条に該当する選手)として登録する際に使用
正加盟フットサルチームで外国籍選手がすでに3名登録されている場合、以下の条件に該当する1名のみ外国籍扱いしない選手として登録可能です
条件:日本で生まれていて、日本の学校で義務教育中または終了しているか、日本の高校または大学を卒業していること
添付書類 (1)在留カード(両面)写し(または住民票写し)、特別永住者証明書(両面)写し、外国人登録証明書(両面)写しのいずれか
(2)在学/卒業証明書
(3)自己出生地宣誓書
チームの手続・注意 先にWeb申請をした場合は、付与された受付整理番号を記入すること
⇒本申請書と添付書類を京都府サッカー協会へ提出
PDF 外国籍選手登録申請書(外国籍扱いしない選手) [書式第8号]

国際移籍証明書発行申請書(出国用) [書式第9-1号]

説明 選手が、日本から海外に移籍する場合に国際移籍証明書の発行をJFAに依頼する際に使用
(ただし、外国協会から国際移籍証明書発行依頼が届いてからの手続きとなる)
チームの手続・注意 ・登録抹消申請をすること
・日本から海外への移籍 申請料:不要
⇒本申請書等をJFAへ提出、写しを京都府サッカー協会へ提出
PDF 国際移籍証明書発行申請書(出国用) [書式第9-1号]

国際移籍証明書発行申請書(入国用) [書式第9-2号]

説明 海外から日本に移籍する場合に外国協会から国際移籍証明書を取り寄せる際に使用
チームの手続・注意 ・書式第9号附属書、選手経歴書・契約書(プロの場合)を添付
・海外から日本への移籍 申請料:10,800円+消費税
⇒本申請書等をJFAへ提出、写しを京都府サッカー協会へ提出
申請料の納付は銀行振込にて行い、振込明細(写)を添付すること
PDF 国際移籍証明書発行申請書(入国用) [書式第9-2号]

クラブ申請書 [書式第12-1号]

説明 クラブとして認可を受ける際に使用 クラブ申請制度とは?
【認可条件】
・同一都道府県協会所属の登録チームで構成されていること
・同一競技のチームで構成されていること(サッカーとフットサルの混合は不可)
・異なる年代の複数のチームで構成されていること
・統一的な運営組織を持っていること
チームの手続・注意 本申請書を京都府サッカー協会へ提出。
PDF クラブ申請書 [書式第12-1号]

その他の登録・申請

送付先・振込先

JFA送付先・振込先 ※書式第1号・第9号のみ

【送付先】

〒113-8311 東京都文京区本郷3-10-15 サッカー通り JFAハウス
公益財団法人日本サッカー協会 管理部 あて
TEL(代表):03-3830-2004 / FAX(代表):03-3830-2005

【振込先】

三菱東京UFJ銀行 渋谷支店 普通 1448195
(公財)日本サッカー協会 [(ザイ)ニホンサッカーキョウカイ]
※振込明細の写しを提出書式に同封し、JFAへ郵送してください。
※原則領収書の発行は行いません(銀行から発行される振込明細書が領収書の代わりとなります)。

京都FA送付先・振込先

【送付先】

〒604-8205 京都市中京区三条町349-2 くろちく六角ビル4階
一般社団法人京都府サッカー協会 あて
TEL:075-211-9416 / FAX:075-211-9417

【振込先】

※書式第3-1号・第3-2号のみ
①ゆうちょ銀行の口座間もしくは払込取扱票の場合
00900-5-127502 一般社団法人京都府サッカー協会
※通信欄に「ユニフォーム広告掲示申請料」とお書き添えください

②他金融機関からの振込の場合
〇九九(ゼロキュウキュウ)店 当座 0127502
一般社団法人京都府サッカー協会 シャ)キョウトフサッカーキョウカイ